お役立ち情報

CUBE iTでシドニーから日本に荷物を配送【料金・大きさ・流れなど…】解説します

 

 

シドニーから日本に一時帰国する際に あまりにも多くなってしまった荷物を一旦実家に送るため、オーストラリアで有名な日系配送業者のCUBE iTを利用しました。

今回初めて利用してみて良かった点や感じたことなどを書いていこうと思います。

また 料金や箱の大きさ、配送までの流れなども同じく説明して行きます。

 

 

CUBE iTとは?

 

CUBE iT(キューブイット)はオーストラリアのニューサウスウェールズ州に本社を構える日本人経営の配送業者。

シドニー・ブリズベン・ゴールドコーストなど国内の各都市に支店を構えているので、どの地域からでも日本及び同国内に荷物を配送することができます。

引っ越しサービスも行っているので 長期滞在者が他都市へ転勤する場合や、日本に帰国する場合などにも利用できるのが良いところ。

留学生やワーホリなどが帰国時に利用することが多いことでも知られています。

 

 

郵便局かそれともCUBE iTか?

 

オーストラリアから日本に荷物を送る手段としてはAustralia Postと呼ばれる郵便局の荷物配送サービスも候補に挙がってきます。

私も今回どちらで配送するか迷いましたが、最終的にCUBE iTにして良かったと思っています。

なぜそのように思ったのか。こちらに郵便局のデメリット、CUBE iTのメリットを書いてみました。

 

郵便局のデメリット

 

以前、日本にいる家族にお土産を送ったことがあるので どんな感じで手続きをするのか知っているのですが、やはりデメリットが多いです。

こちらは私がその時に感じたことです。

 

郵便局のデメリット
1.荷物を郵便局まで自力で持って行かなければならない
2.大きすぎる箱は拒否される場合がある
3.20Kgまでという規定がある
4.全て英語で対応しなければならない
5.窓口が結構混む

 

1. 荷物を郵便局まで自力で持って行かなければならない

 

そうなんです。自分で荷物を全て郵便局までもって行かなければならないんですよ。

ちなみに郵便局から荷物を郵送する場合は、郵便局指定の箱でなくても自分で用意したもので送ることが可能なので自宅でパッキングして持ち込めばOKです。ただ、そもそも車を持っている方でないと運べませんよね?十数キロの重い段ボール箱を自力で運んで郵便局に行くなんてまず無理です。箱が軽ければOKですけど…。

 

2. 大きすぎる箱は拒否される場合がある

 

先述したように 自分で用意した箱でも郵送は可能なのですが、この箱が大きすぎると郵便局の窓口で拒否される場合があるので要注意です。Australia Postの公式サイトには横幅×高さ×2=140が規定サイズと書かれていますのでそれ以上の大きさだと危ないですね。となると まず自分でそのサイズ以下の段ボールを探さなければいけないので超手間です。わずらわし過ぎる…。

 

3. 20Kgまでという規定がある

 

荷物制限は20Kgまでと上限があります。20kgであればそこそこの荷物が送れますが、CUBEだと25kgまで送れます。5Kgの差は大きいですからね~。もうここまで来ると郵便局から送るという選択肢はほぼ無いように思いますね。

 

4. 全て英語で対応しなければならない

 

勿論ですが、郵便局のスタッフは全員オーストラリア人なので 全て自分で英語を使って依頼しなければなりません。私はめちゃくちゃ英会話が達者というわけではありませんが手続きは何とかなりました。でも所々分からないことがあって正直不安は残りますよね。英語がマジでダメという方にはちょっとハードルが高いのはあります。

 

5. 窓口が結構混む

 

行く時間帯や支店により変わってきますが、窓口が結構混雑している場合があります。

特に朝方は多くの人が色々な手続きをしに一斉に訪れるので列待ちになることは十分あり得ます。スタッフも客を早く捌こうと急かしてきますので、そんな中で慣れない手続きをするとこっちも焦ります。日本のように丁寧なサービスは求めないで下さいね。笑

 

CUBE iTのメリット

 

ここまで郵便局のデメリットばかり書きましたが、決してCUBE iTを持ち上げようとしているわけではありません。

客観的に見てこちらのサービスが本当に私にとって都合が良かったからです。

というわけでキューブのメリットをこちらに書いていきます。

 

CUBE iTのメリット
1.荷物を自宅までピックアップしに来てくれる
2.箱の大きさを選ぶことができる
3.最大25KgまでOK
4.丁寧な日本人スタッフによる対応
5.時間指定でスムーズに配送完了

 

1. 荷物を自宅までピックアップしに来てくれる

 

これが一番助かりました。家にいるだけで全て完了するのでかなり便利です。自分で運ぶ必要がないので、私のように車が無い人には嬉しいサービスです。更には、事前に段ボール箱を家まで届けてくれるので 初めから最後まで完全に家にいながら完結することができます。

 

2. 箱の大きさを選ぶことができる

 

箱の大きさはキューブBOXとキューブGIANTの2種類から選ぶことができます。初め、ジャイアントでもそんなに大きくないと思っていたのですがこれが結構大きくて内容量も十分でした。服などのかさばりやすい荷物を送るならジャイアントが良いと思います。

 

3. 最大25KgまでOK

 

キューブGIANTの最大重量は25Kgと郵便局の郵送よりも5Kgも多いのが長所です。そしてキューブBOXに関しては何と重量無制限となります。ただし、キューブBOXは大きさが36×36×36cmとやや小さめ。それほど中に入れれるスペースは大きくないので、私はGIANTの方をオススメします。荷物が少ない方はBOXでも十分かもしれませんが…。

 

4. 丁寧な日本人スタッフによる対応

 

やはり日本のサービスは質が高いです。CUBE iTのスタッフは日本人の方が対応してくれますので、何か分からないことや不安なことなどがあれば相談できるので助かります。オンライン事前予約後には担当者が電話をかけてきてくれ、それ以降も何かと気にかけてくれます。また、配送担当の方も日本人の方なので安心です。

 

5. 時間指定でスムーズに配送完了

 

荷物のピックアップはあらかじめ事前に手配してからの集荷となります。自分の都合の良い日にちと時間帯を選び、あとは待つだけ。ちゃんと指定した時間通りに来てくれますのでスムーズに手配が完了します(オーストラリアのサービスでは時間通りにこないこともザラ)。

 

 

CUBE iTで発送の流れ

 

余裕をもって発送の1週間前までには予約をして、手続きを進めておくようにしましょう。

それでは全体の流れをこちらで紹介していきます。

 

1、公式サイトにアクセスし申し込む

 

まずはCUBE iTのサイトにアクセスし自分が今住んでいるエリアを選択します。

各支店のページに進んだら下部にあるオンライン簡単仮見積・お申し込みフォームから必要事項を入力し予約をします。

または電話で直接申し込みをすることも可能です。

オンライン申し込みの場合、後日 支店の担当者から電話がありますのでその時に 発送に関する情報をいくつか伝え、段ボール受取の日時を決めます。

 

3、段ボールを受け取りパッキング

 

段ボール受け取りの直前に支店から発送日の再確認の電話がありますので、この時に荷物ピックアップの日にちと時間を最終決定します。ちなみに土日は発送はお休みです。

さて、事前に予約していた時間に段ボールが到着(テープも)。早速パッキングを開始していきます。

この時パッキングをしながら中身を細かく紙に箇条書きしていくようにして下さい。後で説明する、日本の関税に提出する用紙に中身の詳細を記入しなければならないからです。

あと 段ボールが1箱分になるのか2箱分になるのか不明な時は、2箱分もらっておけばOKです。

もし1箱でパッキングが完了した場合、残りの1箱分の段ボールは新品の状態の場合のみ無料で返品できます。

もうひとつ、家に体重計などがあると役に立ちます。重さを確認しながらパッキングできますからね。

 

4、用紙を記入

 

 

段ボールを受け取る際に担当の方から説明が入りますが、荷物を日本に発送する際はこのような用紙を記入しなければなりません。記入するものは

①日本の住所や個人情報を記入する送り状

②中身の詳細を伝える梱包明細書

③禁止物が入っていないかなどをチェックする宅配便サービス確認書

の3部です。

梱包明細書がちょっと厄介で、できる限り細かく記載しなければいけないので注意です。

衣類などの同じくくりのものはまとめて記入できますが、別のものはほぼ全部ちゃんと記載しなければなりません。あとは推定価値も書かなければいけないのでやや面倒です。

これらは荷物ピックアップの際にチェックされますので、しっかり記入しておいた方が無難です。サボらないように…。規約も細かく目を通しておきましょう。

 

5、荷物ピックアップ

 

以前指定しておいた日にちの時間通りに荷物のピックアップがやってきます。

提出用紙も全部完璧に揃えて引き渡します。

 

 

今回はキューブGIANT 2箱です。左下に置いてあるテープを見ていただけると分かると思いますが、結構大きい箱で荷物もしっかり沢山入ります。

それでも2箱パンパンの状態でしたので どれだけ荷物が多いんだよって話ですが、2年間分の荷物の目安は1箱半くらいなのかな~と思います。

それぞれの箱の重さは23Kgと19Kgでした。でもGIANT 2箱で正解だったなと思います。

担当の方が書類のチェックと計量を行い、料金の支払いとなります(カード or 現金)。

私の場合ですと2個セット価格で350 AUD(約27300円)でした。

 

6、帰国日に別送品申請書を受け取る

 

今回は簡易税率としての関税がかからないように別送品という形で送っています。そのため、発送が完了したからと言って全てが終わったわけではないので注意が必要です。

おそらくほとんどの人がこの’別送品’という形で送ると思いますので、この部分も読み飛ばさずにしっかり読んでおいてください。

まず、忘れずにしなければならないのが携帯品・別送品申告書の提出

これは日本行きの便の飛行機で配られる用紙なのですが、2枚もらって2枚とも同じように記入しておきます。

そして日本の空港で1枚は関税に渡し、もう1枚は自分の控えとしてもらっておきます。

そして日本到着の翌日までに、その控えとパスポートのコピーなどと共に指定された場所へ郵送するという流れです(郵送用の封筒やその詳細などは段ボール受取の際に一緒にもらえます)。

この最後の書類郵送をもって手続きが問題なく完了することとなります。

この作業を忘れると、追加で料金がかかったり面倒になったりするので絶対に忘れないようにして下さい。

 

7、日本で荷物の受け取り

 

日本到着から10日目、佐川急便による配送で無事実家に荷物が到着しました。

色々と手順が多くて大変ですが、オーストラリアの郵便局で送るよりも安く・スムーズに・大容量で送れたので大満足です。

皆さんもオーストラリアで荷物を送るなら「CUBE iT」でぜひ検討してみて下さい。

 

 

さいごに

 

 

はじめはAustrali Postで送ろうか迷いましたが、最終的にCUBE iTを利用して本当に良かったです。

やはり日本人のサービスは安心・丁寧・確実なので良いですね。

留学・ワーホリ・駐在などの方にはたいへん役に立つCUBE iTの宅配便サービス。

皆さんも信頼と実績のある大手で頼みましょう。

 

>>ホームページから料金や詳細を確認できます<<