シドニー【観光】

コアラパーク【行き方・園内・施設など…】シドニーでコアラに触れる隠れスポット!!

 

 

シドニーの所属するNSW(ニューサウスウェールズ)州は、コアラを抱っこすることは法律により規制されている地域です。

しかし、コアラに触ることに関しては許可されているというのはご存知でしたか?

そうなんです。シドニーでは抱っこはできないものの、コアラを撫でたり一緒に写真を撮ることは一応可能なんです。

そしてそれが可能な動物園がシドニーの中心地から少し離れた郊外にあるのです!

今回はそんなコアラ好きには天国のような動物園「コアラパーク」について、行き方を含めこちらの記事で詳しく紹介していこうと思います。

 

 

Koara Park Sanctuary(コアラパーク サンクチュアリー)

 

 

シドニー中心地から車で約1時間、ウェストペナントヒルズにある「Koara Park Sanctuary(コアラパーク サンクチュアリー)」は1930年にオープンした小さな動物園。

元々はコアラの毛皮を目的とした狩りから守るべく、Noel Burnetという創設者により建設された本当に小規模の園であった。

現在は少しづつその規模を大きくし、コアラだけでなくカンガルーやエミュなどといったオーストラリア固有の生き物も保護し展示している。

 

 

チケットを購入し入場

 

 

まずは 入り口のチケット売り場で入場券を購入し入場します[大人料金28 AUD(約2240円)]。

上の写真にあるように園内マップとチケット控えが貰えますので、こちらのマップを見ながら進んでいきましょう。

ここには各時間に行われるミニイベントの時間も載っていますので、忘れずにチェックしておいて下さい。

 

 

園内はご覧のように横長のつくりとなっているので、左回りでぐるっと一周見て回るのが分かりやすくて良いかと思います。

それでは次にパーク内の可愛い動物たちを紹介していきます。

 

 

園内の動物たちを紹介

 

Cockatoo(コカトゥー)

 

 

オーストラリア各地で見られるこちらのオウム、コカトゥーは日本ではキバタンという名で知られる鳥です。

黄色く長いとさかが特徴で、鳴き声もとても大きくて面白い鳴き方をします。

野生でも沢山生息しているので珍しくはないですが、近くで見るととても立派なので観察してみて下さい。

 

Emu(エミュー)

 

 

飛べない鳥として知られている、オーストラリア大陸が主な生息地のエミューも飼育されています。

見た目はダチョウに似ていますが、こちらの方が大きく体格もややがっしりしています。

なかなか普段は見られない動物なので この機会によくチェックしておくと良いでしょう。

 

Kangaroo(カンガルー)

 

 

オーストラリアと言えばカンガルーですよね。この国の代名詞的存在でもあります。

こちらでは放し飼いされたカンガルーたちを自由に触ることができます。

比較的おとなしいので背中を撫でてもじっとしていて とても可愛いですよ。

 

 

パンやお菓子などは与えないように注意書きされていますが、ニンジンやバナナであればOKなので 持って行って与えるのも良いでしょう。

一緒に写真を撮ったりするのも特に問題無いので自由に楽しんで下さい。

 

Kookaburra(クッカバラ)

 

 

ワライカワセミという名前で知られるクッカバラは、オーストラリアに生息する大型カワセミの仲間。

鳴き声が少し変わっていて、人間の笑い声のように鳴くためこのような名前が付いています。

それにしても横顔がとても綺麗な顔をしています。こちらの鳥も普段は間近で見られることが無いのでレアですよ。

 

Reptile(爬虫類)

 

 

トカゲやヘビなどの爬虫類を展示するスペースもあります。

こちらでは珍しいアオジタトカゲが見られるので密かに人気のエリア。

興味のある方は、入り口から入ってすぐの建物にありますので要チェック。

 

Sheep(ひつじ)

 

 

こちらには毛が刈り取られた羊が数頭と、なぜかガチョウが1羽だけいます。

なぜこのエリアに1羽だけ入れられたのか謎ではありますが、普通に可愛い…。

しかも結構馴染んでるのが笑えます。

 

 

ちゃっかりエサやりの時に一緒になって食べていて更に笑いました。

っていうかガチョウの目って凄い綺麗なんですね。初めてこんな近距離で見ました。

 

Wombat(ウォンバット)

 

 

オーストラリアの固有種、ウォンバットももちろん見ることができますよ。

丸っこくてコロンとした図体が可愛いですよね。

コアラとクマを足して割ったような見た目に癒されます。

 

他にも色々

 

上記の動物以外にもディンゴ・ペンギン・アルパカ・ワラビーなど日本では見られないような動物も含め多数飼育されています。

それほど大きい動物園ではありませんが、時間をかけてゆっくり楽しむのがポイントです。

 

 

やっぱりメインはコアラでしょ!

 

 

コアラが飼育されているケージは常時開放されているのでいつでも見ることができます。

但し日中はほとんど眠っているのでただ寝ている姿を外から眺めることしかできません。

コアラに触ったり一緒に写真を撮れる時間はコアラプレゼンテーションの時間のみで、その時だけケージの中に入って触れ合うことが可能となります。

時間は 10:20/11:45/14:00/15:00 の1日に4回ですが、天候やコアラの健康状態などが理由で稀に中止になることもあるようなので 参加できないこともあると念頭に置いて行くようにした方が良いかと思います。※時間が変わる可能性もありますのでサイトで確認下さい

 

 

今回 私が行った時間は14時の部。ギャラリーが数人集まってくると2匹いるうちの1匹がムクっと突然起きました。

そしてほぼ時間通りに飼育員さんがやってきて、コアラの生態や行動に関する説明を英語で入れてくれます。

 

(飼育員のみは抱っこが許されている)

 

この時、ギャラリーは私と友人を含めたったの8名。

4人ずつケージの中に入ってコアラに触れたり写真を撮ったりすることができます。

制限時間は特に決まっていませんが、他の人たちと譲り合うようにしましょう。

 

 

こんな近くでコアラが見られるなんて!貴重すぎます!!

お隣のクイーンズランド州では抱っこが合法で、動物園などに行けば抱っこ写真が(有料で)撮れるのですが その時でさえも約30秒と激短なのに、ここでは数分間も側にいることができるので最高です。

 

 

もふもふで触り心地も気持ちいい。

でも、コアラはストレスを感じやすい生き物なので触りすぎにも注意です。

少し撫でたらあとは優しく見守りましょう。ストレスを与えちゃあ可哀そうですからね。

 

 

飼育員さんはとても優しくて、写真撮影をお願いしたら快く受け入れてくれました。

カメラで撮影する場合はフラッシュは必ずoffにするのを忘れないようにしましょうね!

 

 

ミニイベントを楽しんじゃおう

 

小さい動物園ながらも 毎日ミニイベントが開催されています。

せっかく開催されているのですから是非ご覧になってみて下さい。

こちらはその一例です。

 

Sheep Shearing(ひつじの毛狩り)

 

 

目の前で羊の毛を刈るという何ともオーストラリアらしいショーが開催されています。

専用の機械を使ってどのように毛を綺麗に刈っていくのか知ることができます。

羊に対してやや凶暴なボーダーコリーの牧羊犬も要チェック!笑

 

Reptile Presentation(レプタイルプレゼンテーション)

 

 

苦手な人にはキツイかもしれませんが、ヘビやトカゲなどの爬虫類に触れることのできるイベントもあります。

ヘビのウロコは以外と柔らかく触り心地が良いのが驚き。新たな発見があるかもしれません。

 

他にもディンゴプレゼンテーションや子羊のエサやりなどもあります。

こちらもサイトからチェックすることができますので、気になる方は見てみて下さい。

 

 

施設に関して

 

カフェ&レストラン

 

 

パーク内には小さなカフェレストランがあるので食事をこちらで取るのもアリです。

このようにお菓子やドリンクを買うこともできます。

 

 

コーヒーなどのカフェメニューは1杯おおよそ4.5 AUD(約360円)。

軽食は5 AUD(約400円)ほどで、ランチとなると9 AUD(約720円)ほどの値段です。

 

 

テラス席があるので天気がよい日はこちらでのんびりと昼食なんてのも良いですね。

ちょっとランチを注文してみたのでそちらも紹介しておきます。

 

マッシュルームのキッシュ:8 AUD(640円)

フィッシュ&チップス with サラダ:10 AUD(約800円)

 

料理のクオリティはそれほど高くはありませんので期待はしないように‥。

あくまでも軽食程度と思っておきましょう。

 

お土産売り場

 

 

コアラのぬいぐるみやキーホルダーなど、子供向けのお土産が買えるお土産売り場も併設されています。

思い出に1つ何か買っていってはいかがでしょう?

 

 

コアラパークへのバスでの行き方

 

ここではシドニーの市中心部からバスで行く方法を紹介していきます

アクセスに関してはとてもシンプルで、バス1本で行けてしまうほど簡単

かかる時間は50分程度とやや遠めですが、分かりやすく解説しますのでご安心を

 

 

まず初めにTownhall(タウンホール)駅へ向かいます

駅の改札を出たら5番出口から外に出ます

 

 

5番出口から地上に上がるとシドニー市庁舎に出ます

この市庁舎を左手に右斜め前に進みDruittストリートへ出ます

 

 

Druittストリートをダーリングハーバー方面に少しだけ下るように進むと右側にサンドウィッチ専門店のSUBWAYが見えてきます

そのすぐ奥に交差する通りがKentストリートなのですが、この通りからコアラパーク行きのバスが出ています

矢印の方面に右折してください

 

 

Kentストリートを右折してすぐ、左手に「interpro」という会社のビルがあるのですが この前にバス停があります

このバス停から 642系統のバス でコアラパークに向かうことができます

 

 

642バスは16時~19時間の特別運行便なので、642Xの便で行くと考えておけばOKです

ただ、642Xのバスは本数が少ないのでその点だけ注意しておいて下さい。

2019年現在 8:30から毎時30分に出発していますので時間に余裕をもってスタンバイしておいた方が良いです

もしバスを乗り逃したら1時間待たなければなりませんので…

 

 

乗るバスはこちらの黄色い車体のヒルズバスです

バスの扉が開いたらオパールカードをタップオンして出発までバス内で待ちましょう

バスが出発したらあとは約50分間乗りっぱなしです

高速道路のような道を降りて一般道に降りたら下車の準備をすると覚えておいて下さい

 

 

問題はバスを降りる場所です

コアラパークの前にはこのような小さめの看板があるのですが、これを見逃さないようにしてバスストップボタンを押して降りなければなりません

コアラパークのすぐ目の前にバス停があるので、可能な方はスマホのマップを見ながらバスに乗っていてください

一番確実なのは運転手さんに「コアラパーク?」と声をかけておくことです

 

 

この白い外観の建物がコアラパークです

一番気を付けておきたいところはやはりバスを降りる場所でしょう

まあ、最悪降り逃しても1つ先のバス停から歩いて戻ることも可能なのでそんなに心配しなくても大丈夫です

 

あと、帰りはコアラパーク前のバス停から 行きと反対方面に向かう642系統のバスに乗るだけでOKです

出発時に乗った タウンホールのバス停まで向かってくれます

 

 

コアラパーク詳細

 

■営業時間 毎日 9:00~17:00

■入場料 大人/28 AUD 子供/15 AUD ファミリーパック(大人2名+子供2名)/77 AUD

■住所 84 Castle Hill Road,West Pennant Hills,NSW Australia 2125

■電話番号 02-9484-3141

■公式サイト https://koalapark-sanctuary.com.au/

 

 

 

さいごに

 

 

シドニーでコアラと触れ合いたいなら「コアラパーク」は超超オススメの観光地です。

まず、こんなにも近くで触れ合える場所なんてそうそうありませんから!

メジャー観光地のタロンガズーでは遠くから眺めることしかできませんが、こちらは至近距離で好きなだけ見つめていられますよ。

コアラ好きの方は、少し手間と時間をかけてでも行くべき場所ですね。