シドニー【施設】

贅沢すぎるシドニーの絶景プール「North Sydney Olympic Pool(ノースシドニー オリンピックプール)」


 

シドニー市街地から橋を超えてすぐ、ミルソンズポイントにある「ノースシドニー オリンピックプール」はハーバーブリッジを目の前に泳ぐことのできる超絶景の市営プール。

その素晴らしい景色を目当てに観光で訪れる外国人も大勢おり人気の撮影スポットにもなっています。

今回はそんなフォトジェニックなシドニーのプールを紹介していこうと思います。

 

 

North Sydney Olympic Pool(ノースシドニー オリンピックプール)

 

 

ハーバーブリッジの開通に続き1936年にオープンしたノースシドニーオリンピックプールは、オリンピックサイズの競技用屋外プールを持つノースシドニーの市営運動施設である。

オープンから2年後の1938年には大英帝国競技大会(British Empire Games)の会場として、スイミング競技と飛び込み競技が行われたことでも有名な場所だ。

オリンピックという名称が付いているためよく混同されがちだが、2000年のシドニーオリンピックの開催場所とは異なる。

ただこのプールからは 多くの世界記録保持者たちが輩出されており、館内にはそれらを讃える沢山のトロフィーや記録が残されている。

ゆえに名実ともにシドニーで名高いプールであることには間違いない。

 

 

施設の利用方法

 

 

こちらがプールの受付となります。

シンプルに入場券を購入→入場という流れです。

はじめに受付にいる係員に声をかけチケットを購入しましょう。

 

 

料金体系は色々ありますが、ほとんどの方が1番上の「大人一般入場券」でしょう。

また、その他サービスとしてレンタルロッカー$6.1($3.5返金)・温水シャワー利用トークン$0.5・託児サービス$5.2/1時間などがあります。

入場に関してはこちらの表も参考にして下さい。

 

種類 料金 備考
Adult $8.3 通常大人利用
Child $4.2 Secondary School(中等学校生)対象
Full-time teriary student $6.9 現地の大学生対象
Pension Card holders $0 ノースシドニーの住人で年金受給カード保持者
Senior Card holder $6.9 シニアカード保持者
Benefit Card holder $4.2 ベネフィットカード保持者
Sauna/Spa/Swim $12.8 サウナ/スパ/プールのセット
Sauna/Spa $9.7 サウナ/スパのみ
Spectator $2.6 見物のみの方(保護者など)
Adult bulk purchase(20 visits) $138 大人利用券20枚まとめ買い
Child/Benefit Card bulk purchase(20 visits) $70 こども/ベネフィットカード保持者利用券20枚まとめ買い

 

入場チケットと温水シャワー用のトークン:計13.3 AUD(約1064円)

 

今回私はSauna/Spa/Swimのセット入場券+温水シャワートークンを購入しました。

冷水シャワーがあるのでそちらを無料で利用することもできますが、正直めっちゃ冷たいです。

シャワートークンはそんなに高くないのでチケットと一緒に購入しておくことをオススメします。

 

 

入場する際はチケットを改札の読み取り機にかざしゲートを通ります。

上の写真にあるように 右に進むと屋内プール、左に進むと屋外プールへ向かうことができます。

更衣室はそれぞれのエリアにあるのですが、屋外プールエリアの更衣室はかなり古めかしいので屋内プール側にある比較的新しい更衣室を使うと良いかと思います。

 

 

まずは50m屋外プールへGO!!

 

(屋外プールへと繋がる地下通路)

 

入場ゲートを抜けて左へ進んでいくと屋外プールに繋がる長い地下通路があります。

ここにはノースシドニーオリンピックプールの歴史について記載されたボードの展示があり、その長い歴史と栄光を感じとることができます。

 

 

今から83年も前にオープンしたのですから驚きです。

もちろん何度か改修工事はされていますが、戦前から現在まで引き継がれていると思うと感慨深いですね。

 

 

地下通路を通り抜けていくと屋外プール専用の更衣室があります。

そこを過ぎるといよいよ絶景の50mプールのお出ましです。

 

 

この大迫力の光景をご覧ください。

こんな背景のプール、世界中探してもなかなか見つからないと思います。

青い空に重厚で巨大なハーバーブリッジが何とも見事にマッチしています。

 

 

階段を上がればそこにはサンデッキがあり、オーストラリアの強い日差しを浴びながら日光浴を楽しむこともできます。

ここ、実はオペラハウスやCBDのビル群も眺めることができる穴場スポット。

街中にいながらリゾート気分が味わえる贅沢な場所です。

 

 

奥に見えるのは、ルナパークというこちらも歴史あるシドニーの観光名所です。

プールは平日であれば比較的空いているのでゆったり過ごすことができます。

 

 

本格的に泳ぎたい方はレーンで泳いでみるのも良いですね。

私は水泳が趣味なので2000mガチ泳ぎしました。笑

もちろんガッツリ泳ぎたくない方でも安心です。一番右側のレーンはフリーゾーンなので自由に泳げます。

ただし、水深が深いエリアがあるので泳ぐ際はやや注意が必要です。

スタート地点は1.2mくらいの水深ですが、折り返し地点では3mくらいはあります。

泳ぎに自信のない方は深い所には近づかない方が良さそうです。

 

 

そして、ここの屋外プールの良い点は水温管理がされていること。

思いっきり冷たいわけではなく、やや暖かい水温なので泳いでいて寒くなることがありません。

 

 

しかも太陽光を利用してプールの水を温めるエコ設計になっているのだそうです。

これは素晴らしいですね。

ただ、外の気温の兼ね合いもありますので できれば夏の暑い時期に訪れるのが良さそうです。

因みに水は100%海水(濾過済)ですので めちゃくちゃしょっぱいですが…。

 

 

こども用の浅いプールもあります。

ファミリーで来ている方も数名いらっしゃいました。

 

 

プールサイドにはカフェもあり、長時間でもいれますね。

う~ん、プール好き人間の私としてはかなり高得点のプールです。

 

 

綺麗で新しい屋内プールへ

 

さてゲートの右手から屋内プールエリアへ向かってみましょう。

こちらは比較的新しくとても綺麗です。

 

(入場するにはこちらのボタンを押してドアを開けます)

 

 

ガラス張りで日差しが入り明るく開放感のある造りです。

こちらは25mプールなのでサイズは小さめ。年配の方の利用者が多いです。

天候に左右されることが無いので冬場や雨の日などはこちらでの利用が良さそうです。

 

 

プールサイドには子供用の水遊びスペースがあり、その奥にジャグジースパがあります。

ジャグジースパは温度が36度くらいでちょっとぬるめのお風呂のような感じでとても気持ちいいです。

 

 

そしてもう一つ、同施設内にはドライサウナもあります。

中に設置してあるヒーターに水を掛けると結構な温度まで上昇しますので、しっかり汗をかくことも可能。

オーストラリアではお風呂が無いので、代わりにこういった所でリラックスするのもありです。

 

 

因みにジャグジースパとサウナを利用する際はこちらのリストバンドを受付でもらって付けていなければなりません(25mプールは必要なし)。

プールの監視員がチェックしていますので、ちゃんと身に着けておきましょう。

 

 

更衣室について

 

 

こちらは屋内プール横の更衣室なのですが、このように仕切りはなくオープンスペースとなっています。

屋外プール専用の更衣室も同じくオープンスペースです。

 

 

そしてシャワールームも仕切りがありません。

ここら辺はオーストラリア感満載です。

 

 

温水シャワーを利用する際は受付でもらったトークンをこちらの機械に投入します。

トークンを入れると温水が自動で出てきて2分30秒ほどすると自動で止まります。

ボディソープが備え付けられているので、そちらは持っていく必要はありません。

 

 

ドライヤーはこちらの業務用?のものが設置されています。

こういう日本と違った感じがまた面白いものです。

 

 

ノースシドニーオリンピックプールへの行き方

 

さて、それでは行き方を紹介していきます

 

 

まずは市街地Townhall(タウンホール)駅から2駅のMilsons Point(ミルソンズポイント)駅へ向かいます

 

 

駅の改札を抜けたら右折し、Alfred St方面から出ます

 

 

次に左斜め前、ハーバーブリッジが見える方へ歩いて行きます

 

 

道路沿いを進んでいくと、ルナパークとオリンピックプールのゲートが見えてきます

ここまでは駅から約2分程と とても近いです

 

 

先ほどのゲートから更に1分程進んでいくとノースシドニーオリンピックプールに到着です

駅から近いので簡単にアクセスできます

 

 

営業時間

 

 

営業時間はご覧の通り

●平日 5:30~21:00

●土日祝 7:00~19:00

※クリスマスデー、グッドフライデー休館

となっています。

ただ、4月のイースターホリデーや年末年始は営業時間がイレギュラーに変更するのでサイトで事前に調べてから行くようにしましょう。

 

 

ミルソンズポイントの観光も忘れずに

 

 

プールで楽しんだ後はBradfield Park(ブラッドフィールドパーク)に寄って、美しいシドニーハーバーの景色を楽しんでみて下さい。

ここからはシドニーのCBDやオペラハウスを見渡すことができます。

この場所は記念写真撮影の人気スポットでもあります。

 

 

こうやって見るとシドニーは以外とコンパクトな街なんだなあと思います。

高層ビルは一箇所に集中していて、それ以外の場所にはほとんどありません。

 

 

そしてこちら、ハーバーブリッジの真下にも注目です。

写真では伝わりませんが、下から見上げると物凄いインパクト。

電車が通るたびに唸る轟音も迫力があります。

とにかく圧巻ですのでこちらも要チェックです。

 

 

さいごに

 

 

シドニーには景色が素晴らしいプールがいくつかありますが、こちらのノースシドニーオリンピックプールも絵になるような絶景を背景に泳ぐことのできるオススメの場所です。

そして景色だけでなくプールの設備もしっかりと整っているので、私のようにしっかり泳ぎたい人でも満足できるプール。

シドニーと言えば海のイメージが大きいですが、こういった市内にあるプールで気軽に夏を楽しむというのも良いかもしれませんね。

ここは筆者も本当に気に入っているプールです。気になる方はこの記事を参考に是非訪れてみてくださいね!

 

 

↓絶景プールならボンダイビーチにあるこちらのプールもおすすめ↓