タイ情報

タイ移住を夢見てる人たちに知ってもらいたい現実を伝えます【現地採用向け】

 

こんにちは。

今回はタイで現地採用として働いている私が、タイ移住の現実をお伝えしていきます。

プール&ジム付きの駅近タワーマンションに住みながら、優雅な生活に憧れ タイへ移住することを望んでいる方も実際には多いかもしれません。

しかしながら、タイ移住(というか海外移住)にはいくつかのデメリットも勿論あるのです。

という訳で在住者目線で正直にタイ移住のホンネを語っていこうと思います。

 

 

別に安くはない最近のタイ王国

 

昔からタイと言えば物価が安い国と言われたりもしていますが、最近のタイではどんどんと物価が上がってきており これまでよく言われてきた日本の3分の1の物価説ももはや過去のものとなりつつあります。

確かに未だに日本と比べれば安いことは間違いありませんが、バーツの価値も上がり物価も上がってきている現在は以前ほどのお得さは感じられなくなってきているように思います。

首都バンコクなんかはとりわけ物価の上昇が著しく、食べ物にせよ物にせよ日本で買う値段とそれほど変わらなくなってきているようにも感じられます。

勿論 昔からある屋台や市場などに行けばかなり安く食べ物や商品を購入できるのですが、レストランやショッピングモールは日本と大して変わらない価格帯です。

例えばタイ国内で大きく展開している日本食ファストレストラン「かつや」でのかつ系定食は200バーツ辺りで提供しています。

1バーツ3.5円とすると673円ですので、日本の価格と比べてもほんの少し安い程度。

1食あたりで700円として、朝と夕の他2食分を加えると食費だけで1日に1500円くらいは使うことになるのではないでしょうか(間食用の飲み物や軽食も含め)。

1500円×30日=45,000円、食費だけで5万円近くもかかるのがバンコクでのリアルな月の食費かなと思います。

私は比較的食にこだわりがないのでフードコートのタイ飯などが多いですが、それでも月に4万円は食費に充てています。

よく「月5万円タイ生活!」みたいな話題が上がったりますが、ぶっちゃけこれ普通にシンドイですよ。

3ヶ月は続けられたとしても半年くらいで嫌になってくるかと思います。

 

そして、物の価格ですが これに関しては日本の方が安いし品質が良いと感じます。

例えば生活用品。

日本にはダイソーという最強の生活用品店がありますが、タイにあるDAISOは一律60バーツ。1つ約202円と日本の2倍の値段とフツーに高いです。

また、家具や電化製品等も日本ではニトリに行けば安くて良いデザインのものが多いですが タイでデザイン×質の良いものを買おうとするならば日本の物よりも高くつきます。

ですのでモノを買うとなると、圧倒的に日本の環境が有利なんですよね。

まぁそういった細かい点は気にしないという方やそもそも物を買わない方には関係のない話ではありますが…。

海外で住んだことの無い人はなかなか気づかないのですが、物に関しては日本は種類も豊富で安価なので最高ですよ。

 

上記のようにタイでの生活はもう安くはないのです。

確かに住居に関しては圧倒的に日本よりも安くて良い条件の物件が多いですが、言ってしまえばそれだけです。

それ以外の生活費に関しては決して安いと一言では言えないのが現実です。

 

 

年金、医療保険、歯科治療などに関する問題

 

最近ではタイ生活の良さをこれぞとばかりアピールするテレビ番組がありますが、ホントにいい部分しか映していないな~と感じます。

豪華なマンション、物価の安さ、観光地の豊富さなどどれもメリットばかり紹介して問題点は一切排除するテレビ番組の愚かさには失笑すらしてしまいます。

と言うことでここでは私が嘘偽りなく問題点を大紹介していきます(笑)。

テレビ番組が言わない現実を是非知ってください。

 

年金どーすんの問題

 

現地採用としてタイで働くとなると、ほとんどの方は海外転出届を日本の市役所で提出してタイに来ることになるかと思います。

この届を提出すると、日本の戸籍を一時的に外して日本に在籍していない人としてカウントされるようになります。

つまり日本人としての義務である【国民健康保険】【年金】【住民税】の支払いの強制力が喪失することとなります(払わなくてよくなる)。

ただ、ここで将来の年金受給問題が発生してくるのです。

支払いを途中で止めるということは当然、将来もらえる年金額が減るor受給資格がなくなる恐れがあるということです。

ですので、老後日本に帰国して過ごす計画を立てている方は 絶対にどこかのタイミングで年金を再開しなければいけないのです(そうでないとタイで貯めた貯金を崩しながら日本で不安定な生活を送っていかなければいけませんので)。

しかし、現地採用は会社が厚生年金には入ってくれませんし 自分で国民年金を支払うにしてもタイでもらえる給料面では決して余裕があるとは言い難いのが現実です。

意外と見落とされがちなのがココなんですね。

そう思うと、タイでの現地採用生活が決して楽ではないのは容易に想定がつくはずです。

 

医療保険は別で入らないといけない

 

タイで働くと日本同様に医療保障を含むタイ版社会保険のようなものに登録することとなります。

が、これ正直に言うとあまり使い物になりません。

使える病院はタイ人向けのローカル病院(しかも指定された病院1ヶ所のみ)ですし、いつも混んでて日本語が話せる人も基本的にいません。

一言で言うと超不便なんです。

日本の健康保険だと、しっかりと医療サポートが受けられて高度な治療の費用もある程度キチンと国側が負担してくれますよね。

しかしタイの社会保険がカバーする医療保険ではそれほど高度な治療は受けられません。

日本と同レベルの安心した高い技術を求めるとなると、サミティベート病院のような高級私立病院が良いのですが こういった所は基本的にタイの社会保険では対象外です。

となると結局は個人で医療保険に入らなければいけないことになります。

福利厚生が充実している会社であれば、現地採用でも会社負担で保険に入れてもらえますが 本当に一部だけです。

日本人向けに提供している現地の安い医療保険でも月6000円くらいはかかるので、それも別に支払っていかなければならないことを頭に入れておきましょう。

現地採用は、ホント色々出費がかかるのです。

 

歯の治療は高いし保険適用外

 

さて、先ほどの医療保険にも関連する部分でもあるのですが タイの社会保険に入っていようが実費で入会する現地の医療保険に入っていようが基本的に歯科治療の補償は対象外です。

つまり日本では国民保険で安く虫歯や神経治療ができるものが、タイではほとんど全てが実費となるということです。

しかもこれが結構高い

タイに現地採用で来る方の中にもこれを知らずに虫歯などを作ってしまい、高い歯科治療費を現地で支払わなくてはならず治療代で生活に追われるパターンも案外多いです。

本当に日本の国民健康保険のありがたみを海外に出て初めて知ることになるんですよね。

残念ながら歯科治療込みの現地保険は殆んど無く、あったとしても保険代金自体がめちゃくちゃ高いので日本を出る前に全て治療を済ませて 現地で絶対に虫歯にならないように注意しながら生きていく努力をしなければなりません。

このように日本よりタイの生活の方が安いからといって、決してお得な訳でもないのです。

こういった問題点もしっかりと知ったうえでタイ移住する必要があるということを覚えておかなければなりません。

 

 

決して安定ではない

 

現地採用と言えど一応は正社員。

が、日本と違いタイでは会社側が比較的簡単に解雇することが可能です。

例えば会社の業績が悪化してしまった場合などに真っ先に標的になるのがタイ人従業員や現地採用なんです。

駐在員は日本からの出向で来ているので会社はそうは簡単には解雇しませんが、現地で働く人たちは駐在員と比べて解雇時にかかる費用が安く済むので当然そうなります。

現地採用はタイ人従業員と比べれば給料が高い類に入りますので、確実に対象になります。

しっかりと「こいつは残しておかなければいけない」と言われるくらい結果を出していれば別ですが、そうでなければ切られる可能性も十分にあります。派遣と同じですね。

このように実は現地採用は結構不安定なポジションなんです。

「タイで働くのは日本よりも楽で良い」と思い込んでいる人が多いですが、全くそんなことはありません。

寧ろ厳しいです。こういう現実を知っておくべきなんですが、テレビ番組では本当にこういう真実をまったく言いませんよね。都合良すぎです。

 

 

ビザが結構厄介

 

ビザのことに関してもあまり言われることが無いのですが、実はこれが結構面倒なんです。

まぁ就労ビザの更新に関しては毎年会社の人事が全て代理でやってくれたりするんでしょうけど、例えば旅行で近隣国に行きたくなったとします。

そうすると今持ってるビザが出国することにより失効してしまうので、毎回国外に出るたびにリエントリーパーミットという「タイ再入国許可証」を取らなければいけません。

しかもその許可証を発行するのに1回1000バーツ(約3500円)、マルチプルという期間内出国回数無制限のものだと3800バーツ(13300円)も支払わなければなりません。

こんなものにいちいちお金を支払わなければならないなんて無駄すぎます。

しかも申し込み書も記入しなければいけませんし、写真の貼り付けも必要で面倒臭い!

日本に一時帰国するにせよ、シンガポールにちょっと小旅行するにせよ いちいちこうやってお金がかかるんですよね…。

でもテレビ番組では「週末に安く近隣国へお気軽小旅行~♪」とか言って煽る煽るw

ホント失笑もんです。

 

 

交通費、電気代が案外かさむ

 

私がタイに移住して「うわ、これ結構痛い出費だな」と感じたのが、交通費と電車代です。

まず交通費ですが、大手企業でしたら現地採用でも交通費支給がありますがマジで一部だけです。

普通の企業では交通費まで福利厚生で補助してくれるところはかなり少ないと言えます。

そうなると自分で支払うことになるのですが、これが結構かさむんですよね。

BTS(バンコク高架鉄道)で通勤するとして片道だいたい30バーツ(約105円)くらいです。

これが往復で210円、月で換算すると210円×22日=4620円。約5000円ですよ?

これ現地採用からするとだいぶ痛い出費です。

そして電気代も思ったよりも高いんです。

毎日冷房を付けて生活していたら月に1500バーツ(約5250円)は確実にいくでしょう。

水道代は安いんですが電気代、フツーに日本並みに高いので要注意です。

こういった情報のホントに少ないこと!当然ですよね。ボン〇ビーガールでは言わないですもん(笑)。

とにかく色んな出費が出るわ出るわ、月に5万円生活なんて幻想ですからね。

 

 

タイで結婚?あまり期待しない方が良いですよ

 

20代後半とかでタイに来て現地採用する人も多いみたいですが、日本人との結婚願望がある方はそれはそれはハードな人生が待っていると思っておくべきです。

まず、子供ができて日本人学校に通わせるとなるとかなり高額だということを知っておいてください(インターナショナルスクールも同様)。

その際は日本人の奥さんも(現地採用として)働いてもらわないと現実的に厳しいです。

あなたに副収入が無い限り、奥さんに主婦でいてもらうなんて無理です。※あなたが現地採用でめちゃくちゃ稼いでいれば話は変わりますが…

まぁ、これがタイ人の奥さんと結婚して 将来的に子供を現地のタイ人と同様に育てるつもりであればそんなに大きな問題ではないと思います。

ただ、それでもその後は色々とお金がかかるようになる(習い事・大学の費用etc…)と思われますので奥さんには働いて共働きで家計を支えてもらわなければならなくなるのは間違いないでしょう。

結婚するつもりは無いという方であれば、比較的余裕のある生活は続けていけるかもしれませんが 結婚を前提に行くつもりであれば本当によく考える必要があります。

 

 

結局カネがかかる

 

ここまで読んできておおよそ気が付いたかもしれませんが、タイの物価が日本よりも安いと言えど 結局のところお金がちょこちょこかかってくるので日本の生活と大して変わらないんです。

よく安さばかりを前面に出して東南アジアの良さをアピールする人もいたりしますが、騙されないでください。

外国で暮らすということは、こうやって余分なお金がかかるんです。

私はオーストラリアでも暮らしたことがありますが、常々日本の暮らしやすさ 日本の社会保障の安定感には感心していました。

特に医療面ですね。

やはり何かあったときに日本の健康保険の強さと言うか、安心感は段違いです。

なかなか日本で暮らしているとその重要性に気が付けないものですが、皆さんは今とても恵まれた国で暮らしているということを再確認しなければいけないと思います。

私はタイでの現地採用としての生活を自分の経験値の為だと割り切っています。

それはつまり将来的には日本に戻るつもりで働いていることです。

というか殆どの現地採用者は最終的にこの結論に行きつくんですがね…。

タイ生活に憧れや夢を抱いている方には申し訳ないですが、しっかりと現実を目にして 将来の自分の人生設計をしてもらいたいものです。

タイ移住は決してラクなものではないということを理解して今後のプランを熟考してみて下さいね。