シドニー【観光】

シドニーのチャイナタウンには「美味しい!」がいっぱい

 

 

旅行でシドニーに来て以外に困るのが「夕食どうしよう…」ということです。

予め行きたいレストランがある場合や ホテルでのディナーを予約している場合を除き、当日にいざ夕食を食べようとなった時には案外困ってしまうものです。

特に今ではツアーを利用しない個人旅行がトレンドとなりつつありますので、こういった心配をする方は少なからずいらっしゃると思います。

そもそもオーストラリアといえばこれ!といった名物料理が無いのもそうですし、あるとしても観光客が気軽に入れるところが殆ど無いことが理由でしょう。

そんな時、私がオススメするのがシドニーの繁華街にあるチャイナタウン周辺です。

このエリアには数多くの中華料理店やフードコートがあるので、比較的安く美味しい中華を楽しむことができます。

カジュアルな店が多いので気軽に入れますし、食後にはお土産屋などで ちょっとした買い物も楽しめるエリアです。

今回はシドニーの美味しいが集まるエリア「チャイナタウン」を紹介していきます。

 

 

Chinatown, Sydney(チャイナタウン, シドニー)

 

 

シドニーの中心駅「セントラルステーション」と観光の中心地「ダーリングハーバー」の中間に位置するチャイナタウンは、シドニーの食を盛り上げる魅力的でエキサイティングなスポット。

数多くの中華料理店があり、週末の夜になると多くの人で賑わうエリアだ。

この中華街は約100年近い歴史をもつ シドニーの人気観光スポットの1つでもある。

遡ること19世紀後半、元々チャイナタウンはロックスに位置していたのだが、後にダーリングハーバーのマーケットストリート付近に移転、その後は市内を転々としながら1920年代までには現在の位置に落ち着いた。

シドニーのチャイニーズコミュニティーはとても長い歴史を持っており、ここだけでなく郊外にも小規模の中華街がたくさんある。

マイナー好きであれば、そのようなローカル色の強い郊外のチャイナタウンに行くのも面白いだろう。

 

 

シドニーのチャイナタウンはどんな所?

 

 

Dixon St を抜けるように、南と北に2つの中華門が建っています。

この通りがメインストリートとなっていて、通り沿いには様々なお店が並んでいます。

飲食店がほとんどを占めますが、いくつかお土産屋もあるので買い物を楽しむこともできます。

 

(UGGショップもある)

 

 

面白いのが ちょっと路地裏に入ると、こんな不思議なアートが見られるところです。

シドニーではこのような路地裏アートが人気なのか、市内には同じような場所がいくつもあります。

行かれる際は是非探してみて下さい。

 

 

さて、こちらはDixon Stの北門側です。

右側には「食通天(Eating World)」という看板がありますが、これはフードコートのことです。

このフードコートは安くて豊富なメニューのある、地元の人々で賑わう隠れスポットです。

入ってみましょう。

 

 

中に入ると壁一面に貼られたメニューに圧倒するでしょう。

相当種類が多いので迷ってしまうくらいです。

 

 

料金も比較的安いので、安メシで済ませたい時などにおススメの場所です。

 

チャイナタウンは食を中心に成り立つエリアなので、夕食を食べるために夕方~夜に来るのがベストです。

逆に言えば、食を目的とせずに来たとしても 特にすることが無い場所と言えます。

買い物はあくまでも夕食のついで程度にと考えておいた方が良いかもしれません。

 

 

おすすめのレストラン&お店

 

ここでは中国人の友達が勧める絶品中華料理店とデザート屋を紹介していきます。

 

SPICY JOINT(スパイシー ジョイント)

 

 

シドニーで本格的な四川料理が味わえる「SPICY JOINT」は、筆者の中国人の友人が大好きだというレストランです。

上海出身の彼曰く、2003年に上海でオープンしてから現在までずっと人気のレストランだそうです。

この友人は辛いものが苦手なのですが、ここのレストランの料理はそれほど辛くなくしかも絶品とのこと。

四川料理が人生初の私は期待大です。

 

Spicy Sliced Fish in Deep-fried Chilli & Sichuan Pepper Oil

 

まずはお店で断トツ人気のスパイシーフィッシュを注文。

これがかなり大きくて2人では多過ぎるくらいの量です。3~4人で分ければちょうどいい量だと思います。

味はというと…本当に、本当に美味しかったです。

白身魚がふっくら柔らで、こってりスープがたまらない一品です。

確実にカロリーオーバーですが、そんなのを忘れるくらいのおいしさです。

全然辛くないので、辛い食べ物が苦手な方でもOKです。

 

Chicken in Chilli & Sichuan Pepper Sauce

 

続いてこちらもお店の人気商品。見た目は辛そうで、それほど辛くはないチリチキン。

味噌ベースのソースに浸かった、柔らかく味のしみ込んだチキンはご飯と一緒に食べるのがオススメです。

こちらもとても美味しくて、ご飯が止まらなくなる絶品料理です。

値段は2人で合計70 AUD(約5518円)程でした。

上記2品+ライス+ジュース(ピッチャーサイズ)での金額です。

それぞれの料理が大きめなので3人~4人で行ってシェアするのが良いかと思います。

人気店なので週末の夜に行くと確実に順番待ちとなります。余裕をもって早めに行くと良いですよ。

 

<SPICY JOINT>

●営業日 毎日
●営業時間 11:00~15:00(ランチ) 17:00~22:00(ディナー)
●住所 Harbour Plaza, 25-29 Dixon Street, Haymarket NSW 2000, Chinatown, Haymarket, 2000, Australia

 

 

EMPEROR’S PUFF(エンペラーズ パフ)

 

 

チャイナタウンの南門のすぐ側にあるこちらのお店は、カスタードクリーム焼を販売する小さなお店。

【 35 Cent(約27円)/1個・1 AUD(約78円)/3個・5 AUD(約394円)/18個 】

お値段も安めの設定です。

 

 

パフは焼きたての状態で提供してくれます。

中にはアツアツのカスタードクリームが入っており、ちょっとしたおやつ感覚で食べるにはGOOD。

いつも列ができる人気のお店です。

食後に小腹が空いたら、是非こちらのお店にも寄ってみてて下さい。

 

<EMPEROR’S PUFF>

●営業日 毎日
●営業時間 12:00~21:00
●住所 96-100 Hay St, Haymarket NSW 2000

 

 

 

さいごに

 

 

シドニーで食を楽しむならチャイナタウンは外せない場所です。

夜のチャイナタウンの雰囲気はオーストラリアにいながらまるでアジアにいるような感覚です。

繁華街タウンホールやダーリングハーバーからも徒歩で5分程度とアクセスも良く、美味しい中華を存分に楽しめるシドニーのチャイナタウン。

シドニー観光の夜は、この美味しいエリアに決まりです。