シドニー【観光】

シドニーフィッシュマーケットへの分かりやすい行き方と絶品シーフードの数々


 

シドニー観光で上位に上がってくる観光地と言えば「フィッシュマーケット」があります。

アクセスも比較的簡単で、美味しい海鮮の数々が楽しめる人気の場所として毎日世界中の観光客が訪れています。

マーケットには湾を望める飲食スペースが設けられており、屋外にある放的的なテラスで美しい景色を眺めながらの絶品シーフードは最高です。

今回は初めてシドニーを訪れる方でも迷わず行ける、フィッシュマーケットまでの分かりやすい行き方を画像付きで詳しく紹介していこうと思います。

 

 

Sydney Fish Market(シドニーフィッシュマーケット)

 

 

南半球で最大規模、取引量に関しては日本に次ぎ世界第2位というこちらの魚市場「シドニーフィッシュマーケット」はシドニー観光で忘れてはいけない存在の観光地。

フィッシュマーケットの1日は、オークションが始まる早朝の5時半からバイヤー達がその日の漁獲量をチェックするところから始まります。

1日の取引量は何と約52トン、国内の160ものバイヤーが参加する圧巻のオークションは予約すれば一般の方でも見学することが可能です(有料)。

施設内にはシーフード料理を扱うレストランやお店が多数有り、舌が唸るような絶品の海鮮を楽しむことができます。

週末ともなると午前中から昼にかけて大混雑し、営業終了の夕方までお客さんが絶えない程の人気ぶり。

平日でも昼食時には混雑しますので、時間を調整して昼過ぎに行くと良いかと思います。

 

 

フィッシュマーケットまでの行き方

 

フィッシュマーケットは市中心部から比較的近い位置にあるため、徒歩で行くことも可能です。

もしダーリングハーバー付近のホテルに滞在しているのであれば、そこから約10分で歩いてアクセスすることができるためかなり便利です。

 

 

ダーリングハーバー以外の場所に滞在しているのであれば、セントラル駅を起点として運行しているライトレイル(路面電車)を利用して行くのが楽です。
ここではセントラル駅からライトレイル乗り場まで、そして最寄りのフィッシュマーケット駅からマーケット入り口までの道順を詳しく説明していきます。

 

セントラル駅からライトレイルを使って行く

 

 

 

まずはセントラル駅に向かいます

 

 

駅に着いたら「Grand Concourse(グランドコンコース)」方面の出口へ向かってください

グランドコンコースはプラットフォーム1~12のあるエリアです

セントラル駅はかなり広いので迷いやすいため、案内表示を確認しながら進みましょう

 

 

さて、グランドコンコースの改札を抜けるとこちらの広い駅構内に出ます

写真上にある矢印の方向へ進み構外へと出て下さい

出たらすぐにライトレイル乗り場です

 

 

ライトレイルに乗る時は電車でも使用するオパールカードをこの読み取り機にかざしTap On(タップオン)することを忘れないようにしてください(もし鉄道警察にバレたら無賃乗車とみなされ罰金です)

 

 

こちらの赤い車体の電車がライトレイルです

おおよそ10分毎にセントラル駅を起点に出ています

初めに下車する人達が手前で降りて、その後に奥の乗り場で乗車すことができます

 

 

降りる駅は乗車から約15分後に到着する「Fish Market(フィッシュマーケット)」という8番目の駅です

降りたら今度はオパールカードのTap Off(タップオフ)を忘れないようにしておいて下さい

 

 

さあ、タップオフが済んだら階段で上に上がっていきます

 

 

階段を昇りきったらこのような場所に出るので 矢印のように進んで行きます

 

 

道路に突き当たるのでそちらを左折します

 

 

線路上の橋を超えて数十秒ほど歩いていくと、このような高架下に出ます

ここの信号を超えて直進です

 

 

あとは道なりに進んでいけばすぐにフィッシュマーケットに到着です(星のある場所が入り口)

 

 

かかる時間はセントラル駅からフィッシュマーケット駅までがライトレイルで15分、駅からフィッシュマーケットまで徒歩で3分の約20分です

 

 

フィッシュマーケットで食べられるシーフードの数々

 

フィッシュマーケットでは刺身などの生魚から調理された魚介類など、ありとあらゆるタイプのシーフードを楽しむことができます。

「種類が多いので選ぶのに困っちゃう」なんて方は、こちらの料理を参考に予め何を食べるのか決めておくと良いかと思います。

 

シドニーロックオイスター

 

 

ここで食べなきゃいつ食べるの?と言いたいくらい「シドニーロックオイスター」はマストと言えるでしょう。

身は小さいのですが、味が濃厚でクリーミーなのが特徴です。

醤油で食べるのも美味しいのですが一緒に付いてくるレモンを少量付けてそのままの味で食べても十分美味しいです。

日本で食べる牡蠣との違いを存分に楽しんでみて下さい。

 

 

サーモン刺身

 

 

こちらサーモン刺身も甘くて脂がのっていて最高に美味しいのでオススメです。

サーモンはグラム売りされているので、買う時に「〇〇gください」と注文しましょう。

3人で500g以下で十分な量です。醤油は別売りされています。

 

ホタテチーズ炙り

 

 

ホタテの上にチーズがのり、火で炙られたこちらの「ホタテチーズ炙り」もなかなか美味しかったです。

こんなもの、買わずにはいられませんよね…。

 

ウニ盛り

 

 

ウニ好きにはたまらない、濃厚で新鮮なこちらのウニ盛りもテンションが上がります。

本物のウニの殻に入っており、写真映えする商品です。

 

ロブスター炒め

 

 

身がふっくら柔らかいロブスターはちょっとお高めですが なかなかの絶品料理です。

永遠に食べていたいくらいです。笑

 

他にも色々

 

 

ここで紹介したのはほんの一部のメニュー。

本当に色々な種類のシーフードが取り扱われているので、お好きなメニューを探して注文してみて下さい。

 

 

さいごに

 

 

シドニーの台所「フィッシュマーケット」は美味しい物が大集結したシドニーで最もグルメな観光地かもしれません。

シドニーにあるレストランの海鮮もほとんどがここから仕入れられているのですが、やはり揚がったばかりのシーフードを食べられるフィッシュマーケットは最強だと思います。

あなたも新鮮で美味しいシーフードの数々に感動してみませんか?

こちらを訪れる際は、ぜひお腹を空かせて行って下さいね。