シドニー【施設】

シドニーで勉強場所を確保するなら、間違いなくFisher Library(フィッシャーライブラリー)

 

 

留学やワーキングホリデーなど語学スキルの向上を目的にシドニーに来ている方はたくさんいらっしゃると思います。

そんな彼らの悩みの1つとしてよく聞くのは、勉強場所の確保の難しさです。なぜなら生活費の高いシドニーではシェアハウスやルームシェアの利用が主流であるために、自宅での勉強は選択肢から外れるからです。

そしてシドニーは日本のように静かに落ち着いて勉強できるようなカフェがあまり存在しないということと、公共の図書館は閉館時間が早いという都合の悪さがその困難さに拍車をかけています。

シドニーで生活し始めて、今まで日本で暮らしていた時のような自主学習のスタイルでいると案外苦労するのです。

そこで私が今までに色々な場所での自主学習を経てたどり着いたFisher Library(フィッシャー ライブラリー)での勉強の良い点・悪い点の両方の側面を交えて紹介していきたいと思います。

 

 

Fisher Library(フィッシャーライブラリー)

 

 

フィッシャーライブラリーは、遺贈と政府の基金によってに設立されたシドニー大学で最も大きなメインの図書館です。

こちらの図書館はシドニー大学に通う学生のみでなく、一般の方にも開放されているので誰でも入場することができます。

ちなみにアクセスカードというシドニー大学の学生とスタッフが所持しているカードがあれば24時間館内を利用することができます。

当然、それ以外の一般の方はOpen Hour(オープンアワー)と呼ばれる一般開放時間内の利用のみとなっています。

 

それでは良い点から紹介していきましょう。

 

 

フィッシャーライブラリーの良い点

 

1、快適

 

フィッシャーライブラリーの最大のメリットは年間を通して空調がしっかりと管理されていることです。

日本では当たり前のようなことに思えますが、ここシドニーでは公共の図書館でさえ冬はコートを羽織りながら勉強をしなければならないなんてことはよくあります。逆に夏はクーラーが寒すぎて勉強に集中できなかった…なんてことも。

集中して勉強するためにはコンディションはかなり大切です。

 

2、席数が多い

 

 

フィッシャーライブラリーは席数がかなり多く設置されています。他の図書館と比較しても、ざっと2倍以上はあります。

それでも1日を通して何百人という人が利用するモンスター図書館ですので常に混み合っています。

特にシドニー大学の学生のテスト期間になると朝から晩までほとんど席が埋まってしまいますので注意が必要です。

 

3、仕切り付き勉強スペースがある

 

 

こちらは大変人気のため常に取り合い状態となっているのですが、仕切りのある勉強机がたくさん設置されています。

長時間勉強する場合、こちらの机は本当に集中できるのでお勧めです。

 

4、コンセントが沢山ある

 

 

パソコンで作業したりレポートを作成したりする場合にコンセントがあるとかなり助かります。

シドニーにある他の公共の図書館でさえもこれほどまでに沢山コンセントはありません。

 

5、休憩マシーンがある

 

 

こちらの近未来的なマシーンは、勉強に疲れたときに約20分程度の昼寝ができるというものです。

マシンに座ってボタンを押すとヒーリングミュージックが流れ睡眠モードに入ります。20分後に自動的に機械から音楽が流れ起こしてくれるという最新マシンなのです。

利用は誰でも無料です。

 

6、一般でも夜遅くまで利用できる

 

NSW State Library(ニューサウスウェールズ ステート ライブラリー)でも平日の開館時間は夜8時までですが、こちらは夜10時まで開館しています。※時期により異なります

仕事の後に勉強したいという方には、この時間まで利用可能なのは本当にありがたいです。

 

 

 

フィッシャーライブラリーの悪い点

 

1、すぐに使用できるフリーWi-fiが無い

 

一般的にシドニーの公共の図書館において即利用可能なフリーWi-Fiがある所が多いですが、フィッシャーライブラリーにはありません。こちらでWi-Fiを利用するにはまずゲストとしてアカウントを作り登録しなければなりません。

煩わしい登録作業をしないと使用できないのは少し面倒です。

 

2、一部のエリアや席は学生専用

 

 

シドニー大学所属の図書館なので仕方ないのですが、一部のエリアやデスクトップパソコンが備わった机などはシドニー大学の学生専用となっているため一般の方は使えません。

 

3、週末は閉館時間が早い

 

先述したとおりシドニー大学の学生やスタッフは24時間利用可能なのですが、一般の方の利用時間は決まっています。

特に土日は一般開放時間が短いので、利用前に必ず確認するようにしておきましょう。

 

4、駅から遠い

 

最寄りのセントラル駅からは徒歩で約20分はかかります。近くに住んでいるなら良いのですが、それにしても決して立地が良いとは言えません。

 

 

利用できる場所

 

 

正面入り口から館内に入るとグランドフロアが3階になっています。

 

 

こちらのフロアは主に学生専用となっていますので、階段で4階に上がってください。

 

 

4階は主に一般利用者向けに席が解放されています。

 

 

4階のデスクトップパソコンの設置されていないデスクは一般の方でも利用可能ですが、人気のためランチタイム後の12時半以降に来館するとほとんど埋まってしまっています。

 

 

混雑している際はこのように本がたくさん並んでいるエリアも確認してみましょう。小さい机付きの椅子が空いている場合があります。

 

 

開館時間(オープンアワー)

 

開館時間は大学のスケージュールによって異なります。

学生の夏休み期間中は開館時間が短くなりますので注意が必要です。

 

(Fisher Information desk regular hours が一般開放の時間となっています)

 

オープンアワーは度々変更しますのでシドニー大学公式ホームページで確認してください。

 

また、祝日などは開館時間がとても短いので気を付けて下さい。

 

 

図書館の入り口に当日の開館時間の案内が貼られていますので、念のため確認するとよいでしょう。

 

 

Fisher Library(フィッシャーライブラリー)への行き方

 

Fisher Library(フィッシャーライブラリーへの)行き方は過去記事の

 

シドニー観光でぜひ訪れてほしい場所 シドニー大学【行き方】

 

を参考にしてください。

 

 

 

 

まとめ

 

悪い点も含めてFisher Library(フィッシャーライブラリー)を紹介しましたが、シドニーで勉強するには本当におススメできる場所です。

シドニーで勉強する場所に困っている方は是非一度利用してみてください。