シドニー【施設】

シドニー空港 徹底調査【入国後編】入国後から電車の乗り方まで

 

 

 

シドニー空港(Kingsford Smith International Airport)に到着して入国後、ツアーを利用しない観光客の多くは電車を利用してシティ中心部にあるホテルまで向かいます。

電車も空港に直結しているため大変便利なのですが、初めての方にとっては色々と不安もあると思います。

今回はそんな不安を抱えている方に向けて、出国ゲートを抜けてからの各施設の案内や電車に乗るまでの流れを分かりやすく紹介していきたいと思います。

 

 

アライバルホール

 

入国審査を終えて荷物をピックアップ後、税関・検疫検査を受けたらようやく入国となります。

こちらが入国後のARRIVAL HALL(アライバルホール)となります。

 

 

こちらのエリアに出たら右方面に進みます。

 

 

外貨両替所がありますので、こちらで日本円をオーストラリアドルに両替することができます。

ただし、どこの空港でも言えることなのですがレートは正直良くありません。

ここでは、必要最低限の両替にとどめておくことをおすすめします。

 

 

SIMの販売所も3店舗ほどあります。

オーストラリアの最もメジャーな通信会社は「OPTUS(オプタス)」ですので、シム購入を検討されている方は無難にオプタスにするのが良いかと思います。

ただ、通信に関しては市内であれば基本的にどのキャリアでも安定していますので他の通信会社でも全く問題はありません。

 

 

アライバルホールにはカフェや飲食店が数店あり、フライト後の人々で朝から賑わっています。

おいしいキッチェやパンなど販売しているお店もありますので、是非寄ってみてください。

 

 

電車乗り場までの行き方

 

アライバルホールを出て右に進むとすぐにマクドナルドが現れます。

 

 

こちらを左に進むと国際線へ向かう無料のトランジットバス乗り場へと出ます。

シドニーから国際線でオーストラリアの他の地へ行く場合は、こちらを利用すると良いでしょう。

尚、電車でもドメスティックエアポート(国内線)にアクセス可能ですが料金がかかりますので注意が必要です。

 

(国際線へ向かう無料のT Bus)

 

さて、先ほどのマクドナルドを右に進むとこちらに出ます。

 

 

この2股に分かれる道を右側に進むと電車乗り場へ向かうことができます。

案内表記があまり多くないので、初めてシドニー空港を利用する方は少し分かりずらいかもしれません。

 

 

次発の電車情報がスクリーンに表示されています。

その下には観光客向けに市内マップが掲載されたカタログが設置されています。

 

 

シドニーの中心地にある駅ごとの周辺情報とマップが載ったカタログがこのように置かれていますので、宿泊予定のホテル最寄り駅のものを忘れずに取っておくようにしましょう。

 

 

大手ホテルに宿泊予定であれば、このように詳しい地図とホテルの位置情報を知ることができます。

今ではスマホのマップなどがあれば簡単にアクセス可能ですが、広域で位置感覚を掴めますし 同時に観光地の場所も確認できますのでもらっておくと良いと思います。

 

 

さて、先ほどのスクリーンのある2股の通路を右に進むとこのようなAirport Link(エアポートリンク)へと進みます。

ここからエスカレーターを下って地下にある駅改札へと向かうことができます。

スーツケースなどの大きな荷物がある場合は、この入り口手前左側にあるエレベーターを利用しましょう。

 

(エアポートリンクへと繋がるエスカレーター)

 

 

地下に降りると改札があり、ここにある窓口でオパールカードというタッチ式の交通系ICカードを購入することができます。

上の写真にもある通り、チャージ料金最少額が35 AUD(約2752円)となっています。

因みにデポジット(預り金)は無料で利用することができます。

シドニーの電車やバスに乗る際にはSingle Ticket(シングルチケット)もあり、単発で切符を購入することも可能なのですが 正直なところかなり不便です。

各駅に置かれている切符購入用の端末が1、2台しか設置されていなかったり、バスに至っては切符の購入をあからさまに嫌がるドライバーも多いのが事実です。

ですので、シドニー観光をする際は よっぽど公共交通機関を全く利用しない場合を除いてはオパールカードを購入しておくと良いかと思います。

 

 

オパールカードを購入したら、改札に軽くタッチして進みます

 

 

タッチ反応は日本のものと比べると少し劣ります。

タッチ後 しっかり音が鳴って、改札機にある小さな画面上に利用状況が表示されてから進みましょう。

 

 

改札を抜けたらプラットホームへ向かいます。

市内に向かうために乗る電車は「City Circle(シティサークル)」となります。

 

International Airport(インターナショナルエアポート)

Domestic Airport(ドメスティックエアポート)

Mascot(マスコット)

Green Square(グリーンスクエア)

Central(セントラル)

Museum(ミュージアム)

St James(セントジェームズ)

Circular Quay(サーキュラーキー)

Wynyard(ウィンヤード)

Townhall(タウンホール)

 

という順番で向かいます。

シドニーのホテルが集結する主要エリアを網羅している線ですので大変便利です。

ひとつ欠点があるとすれば料金がかなり高いこと。

片道16 AUD(約1258円)と設定がちょっとおかしなくらい高いです。※空港の改札を通る場合のみ

それでも空港から15分で市内中心部にアクセスできるので利便性は抜群です。

 

 

まとめ

 

 

海外旅行をする方は年々増えており、シドニーも人気の観光地の1つです。

更に、近年はツアーを手配するよりも個人でフライトチケットとホテルを手配して安く済ませる方が増えています。

それに伴って、今ではスマホで情報を得ながら自力で移動や観光をするのが主流となりつつあるので、電車の需要も今後どんどん増加してくると思われます。

シドニー空港はそんな旅行スタイルの方でも簡単に移動できるインフラが整っていますので、シドニーを訪れる際はぜひとも電車を有効利用してみてください。

 

 

↓こちらの記事もご覧ください↓